歴史と沿革

1940年09月 現 三菱ケミカル(株)殿福岡事業所内で高田組を創業現 三菱ケミカル(株)殿黒崎事業所内で高田組を創業
1948年06月 (株)高田工業所を設立(株)高田工業所を設立
1948年12月 現 日本製鉄(株)殿九州製鉄所に八幡事業所(現 八幡支社)を設置現 日本製鉄(株)殿八幡製鉄所に八幡事業所(現 八幡支社)を設置
1955年12月 築地工場(現 本社工場)を設置
1956年04月 東京出張所(現 東京支店)を設置
1959年08月 四日市営業所(現 四日市事業所)を設置
1961年04月 長浜出張所(現 長浜事業所)を設置
1963年12月 水島事業所(現 中四国支社)を設置
1965年09月 大阪出張所(現 大阪事業所)を設置
現 三菱ケミカル(株)殿黒崎事業所内で高田組を創業
(株)高田工業所を設立
現 日本製鉄(株)殿八幡製鉄所に八幡事業所(現 八幡支社)を設置
写真をクリックすると拡大表示します。
1965年11月 東海村日本原子力研究所の燃料再処理実験装置配管工事を施工し、原子力関連分野の第一歩を記す東海村日本原子力研究所の燃料再処理実験装置配管工事を施工し、原子力関連分野の第一歩を記す
1966年01月 インド・バローダ市へ、アンモニア・ユリアプラント建設で、初の海外進出インド・バローダ市へ、アンモニア・ユリアプラント建設で、初の海外進出
1968年04月 君津営業所(現 君津支社)を設置
1971年02月 シンガポール高田工業を設立
1973年10月 鹿島出張所(現 鹿島事業所)を設置
1975年10月 神戸営業所(現 西日本営業部 大阪オフィス)を設置
1981年05月 京葉出張所(現 京葉支社)を設置
1981年09月 高田プラント建設(株)を設立
1982年04月 高田サービス(株)を設立
1982年09月 高田マレーシアを設立
1983年05月 福岡営業所(現 西日本営業部 福岡オフィス)を設置
1983年11月 福岡証券取引所に株式上場福岡証券取引所に株式上場
東海村日本原子力研究所の燃料再処理実験装置配管工事を施工し、原子力関連分野の第一歩を記す
インド・バローダ市へ、アンモニア・ユリアプラント建設で、初の海外進出
福岡証券取引所に株式上場
写真をクリックすると拡大表示します。
1993年01月 大阪証券取引所市場(現 東京証券取引所市場)第二部に株式上場大阪証券取引所市場(現 東京証券取引所市場)第二部に株式上場
1995年06月 TAKADA研修センターを落成TAKADA研修センターを落成
2003年06月 執行役員制度導入
大阪証券取引所市場(現 東京証券取引所市場)第二部に株式上場
TAKADA研修センターを落成
写真をクリックすると拡大表示します。
2004年01月 コンプライアンス推進室を設置コンプライアンス推進室を設置
2005年02月 第1回技能オリンピック全社大会を開催第1回技能オリンピック全社大会を開催
2005年04月 TAKADA研修センターに教育訓練用モデルトレーニング設備を設置
2007年04月 超音波関連事業へ参入
2010年12月 電流情報量診断システムが『TPM優秀商品賞』を受賞
2011年11月 超音波切断装置を商品化超音波切断装置を商品化
2012年12月 タイ高田(現 高田アジア)を設立
2015年11月 菊池タイの株式を取得
2016年01月 中四国支社を設置
2016年04月 電流情報量診断システムを販売開始
2017年02月 タイ高田を地域統括会社「高田アジア」へ移行
2019年04月 クラウド型回転機械診断サービス「TM-CLOUD」を販売開始
2020年07月 渡部工業株式会社の株式を取得
2020年10月 北海道事業所を設置
2021年04月 西日本営業部を設置
コンプライアンス推進室を設置
第1回技能オリンピック全社大会を開催
超音波切断装置を商品化
写真をクリックすると拡大表示します。