新入技能社員教育

匠から個別に指導を受け、技を身に付けます。

TAKADAでは、若手技能者の早期育成に特に力を入れています。新入技能社員は各配属先で職場体験学習を行った後、「TAKADA研修センター」で6か月間、集中して、『全社共通基礎技能教育』を受けます。これは、即戦力となる技能を身に付けるための、当社ならではの技能伝承の方法で「匠」への道はここから始まると言っても過言ではありません。この『全社共通基礎技能教育』が終わると、次は所属別専門教育(OJT)を受けながら、実践的な技能を修得していきます。

匠から個別に指導を受け、技を身に付けます。

匠から個別に指導を受け、技を身に付けます。

集合教育終了後には、立派なTAKADAマンへと成長 集合教育終了後には、立派なTAKADAマンへと成長

【全社共通基礎技能教育】スケジュール

【全社共通基礎技能教育】スケジュール

新入社員年間育成体系

新入社員年間育成体系