人材育成方針

社員意識調査の実施
「人」がTAKADAの真ん中です。

どんなに技術が進歩しようとも、企業の根幹を支えるのは「人」。技術は人によって開発され、人によって活かされます。そのことを身をもって体感してきたのがTAKADAのエキスパートである「匠」たち。彼らが第一線の現場で培ってきた高度熟練技能を、いかに次の世代に伝承するかが、これからの企業存続のカギを握ると言えるでしょう。TAKADAでは、そのための人材育成プロジェクトを、すでにスタートしています。新人研修に役立つ教育訓練用トレーニング設備の導入。若手社員のモチベーションを高める技能オリンピックの開催。キーワードは、「『人』がTAKADAのまんなかです。」ともに生き、ともに育ち、ともに栄えるための人材開発に取り組んでいきたい、と私たちは考えています。