低速回転機械の診断技術

低速回転機械の診断技術イメージ 診断対象の特長に合わせた複合センシング技術で「最適整備」を提供

振動・振れ・ひずみ・電流信号・音響などから低速回転機械の状態を測定・診断します。
診断対象設備の状況により最適なセンシングを組み合わせ、独自の診断・解析技術により、低速・大負荷の設備の診断を行います。
これらの複合センシング技術により、低速回転機械の診断解析から最適整備までサービスを提供しています。

特長

  1. 構造系異常(過負荷・不可均一・芯出し不良など)の検出が可能
  2. 摩耗系異常(軸受・ギアなど)の検出が可能
  3. ロータの回転トルクと応力の監視が可能
  4. 往復動装置の診断が可能

実機計測・解析結果(波形図)

実機計測・解析結果(波形図)