産業プラントエンジニアリングの株式会社 高田工業所

  • Japanese
  • English

高田の強み

TOP > 高田の強み

法令毎の許認可

国内の保安関連法規に定義付けされている圧力設備を設計、製作する者に対しては、各法律の目的に応じて所轄大臣の許認可取得義務と技術基準適合義務が要求されています。
最近、規制緩和の流れの中で、許認可行為は「民間認証」へと移行されつつありますが、当社は的確な管理体制のもと「お客様の自主保安の強化」に貢献いたします。

事業所・工場別許認可取得状況
対象工場および事業所 本社工場 水島工場 四日市工場 君津工場 本社
労働安全衛生法 ボイラー
第一種圧力容器
高圧ガス保安法 特定設備
大臣認定試験者
電気事業法 発電用火力設備
ガス事業法 容器・配管・導管
原子炉等規制法 発電用原子炉施設
試験・研究用原子炉施設
加工施設及び再処理施設
労働安全衛生法 ≪ボイラー・第一種圧力容器≫

労働安全衛生法に定義されている「ボイラーおよび第一種圧力容器」については、各工場の生産規模に応じて各型式毎に製造許可を取得しており、設計、製作からメンテナンス(変更・改造)まで責任を持ってお客様のニーズに対応します。

製造許可済型式:全社
ボイラー 水管、貫流、煙管、丸
廃熱、電気、現地組み立て
第一種 圧力容器 円筒形、多管式、ジャケット付
特殊型
現地組み立て

固定管板式熱交換器 チタングラッド鋼を使用した圧力容器

高圧ガス保安法 ≪大臣認定試験者≫

高圧ガス保安法における一般高圧ガス保安規則およびコンビナート等保安規則で、「経済産業大臣が定める試験及び製造を行う者」として「M:管類」の認定を受けています。
高圧ガス配管の設計、施工から試験検査までを整備された技術基盤のもと、当社独自の品質保証体制で実施・管理し、お客様設備の保安体制に貢献します。

当社の主要認定仕様範囲 認定銘板

電気事業法 ≪溶接安全管理審査≫

本社工場、水島工場、四日市工場および君津工場を生産拠点として、お客様のニーズに十分対応できる技術・技能力を保有しています。
また、設置者殿より要求される溶接事業者検査体制を構築し、「溶接安全管理審査」に対応いたします。

溶接施工方法(材質区分):全社 溶接安全管理審査 ステンレス鋼製大型タンク

溶接施工方法(自動、半自動区分):全社 溶接後熱処理 高圧高温蒸気配管

高度な溶接技術

当社は、優秀な溶接工であった創業者からスタートしたことから、現在でも溶接技術には高い評価を得ています。
特に、炭素鋼やステンレス鋼のみならず、特殊鋼である高ニッケル系合金やチタン、ジルコニウムといった活性金属などの溶接施工法を確立し、各分野で特殊溶接技術を発揮しています。
また、長年培ってきた安全性評価技術、余寿命診断技術をもとに既存設備の補修溶接を行い、設備の長寿命化や最適化でお客様に貢献しています。

溶接

ページTOPへ
株式会社高田工業所
〒806-8567 北九州市八幡西区築地町1番1号 TEL.093-632-2631 FAX.093-632-2713
Copyright (C) TAKADA CORPORATION All Right Reserved.