産業プラントエンジニアリングの株式会社 高田工業所

  • Japanese
  • English

コンプライアンス

TOP > CSR > コンプライアンス

社会的責任を果たす企業と人でありたい…。

コンプライアンスへの取り組み

当社は、コンプライアンスの実践を経営の最重要課題のひとつと位置付け、コンプライアンスの徹底は、当社の経営の基盤を成すことを強く認識し、企業活動上求められるあらゆる法令・規則の遵守はもとより、社会規範に則した誠実かつ公正で透明性の高い企業活動を遂行します。

コンプライアンス活動

当社は、2004年1月にコンプライアンス推進室を発足させ、グループ内での具体的な取り組みと展開をスタートさせました。以来、ステークホルダーの皆様に信頼され、『屈強なパートナー企業』となるべく、経営の柱として、「顧客主義」「社会的責任」「コンプライアンス」を掲げています。グループ社員全員が企業理念の再認識のもと高い倫理観を持ち、社会に対する責任を考えて行動しております。また、毎月15日を改めてコンプライアンスを考える日として制定し、各職場で啓蒙活動を実施しております。
社外講師講演風景
社員意識調査の実施

組織体制

活動の中心として、コンプライアンス常任委員会・委員会を設置し、委員長は代表取締役社長 髙田寿一郎が務めております。また、委員会メンバーによる勉強会の場「コンプライアンス推進会議」を設け、社外講師による講演の実施やグループ別発表による問題提起、その改善策等を討議し、全社、相互認識のもと潜在するリスクの回避を図っております。

TAKADAグループ行動規範(2007年9月制定)

TAKADAグループ行動規範
  1. 企業憲章
  2. TAKADAグループの経営目的(新中期経営計画)
  3. コンプライアンス体制
  4. コンプライアンス教育報告体制と社内ネットワークの活用
  5. 行動基準と遵守事項
  6. コンプライアンス相談窓口について

コンプライアンス事例集(2009年12月作成)

コンプライアンス事例集
身近に起こりうるコンプライアンスの事例を集め編纂いたしました。 所属内教育や集合研修時に行動規範と併せ、繰り返しの教育を実施し、社員一人ひとりがコンプライアンス意識を高めるツールとして活用しています。
風通しの良い職場作りを目指して コンプライアンス相談窓口を開設しています!

コンプライアンス相談窓口

コンプライアンス違反行為の未然防止と早期発見のため、2006年度から社内にコンプライアンス相談窓口を設置しています。2016年10月からは、新たに社外窓口を設置し運用を開始いたしました。
これらの相談窓口は、TAKADAグループの役員・従業員だけでなく、取引関係のある会社で働く方も利用できるよう設置いたしました。

社外相談窓口
①専用電話 0120-880630(フリーダイヤル)
(対応時間:土、日、祝日、年末年始を除く各日の10:00~17:00)
②E-mail takada_helpline@jurists.co.jp
③FAX 0120-880723(フリーダイヤル)
④書面 〒810-0004福岡市中央区渡辺通2丁目1番82号 電気ビル共創館9階
弁護士法人西村あさひ法律事務所 高田工業所グループ社外相談窓口 宛
⑤面談 場所・時間を調整後に行います。
社内相談窓口
①専用電話 093-632-2632
0800-100-2632(フリーダイヤル)
(対応時間:土、日、祝日、年末年始を除く各日の8:30~17:15)
②E-mail comp@takada.co.jp
③FAX 093-632-2713(共用のため送信前に連絡をお願いいたします。)
④書面 〒806-8567北九州市八幡西区築地町1番1号
株式会社高田工業所 コンプライアンス推進室 宛
⑤面談 場所・時間を調整後に行います。

※通報・相談にあたっての注意事項
電話の場合、「高田工業所コンプライアンス相談窓口への相談である」旨伝えてください。
また、E-mail 、FAX、書面の場合はその旨標記ください。

ページTOPへ
株式会社高田工業所
〒806-8567 北九州市八幡西区築地町1番1号 TEL.093-632-2631 FAX.093-632-2713
Copyright (C) TAKADA CORPORATION All Right Reserved.